有料会員限定

相場の2倍も当たり前 工事費「水増し」の手口 悪質コンサルの厚顔無恥

印刷
A
A
イラスト:こまつめ組

特集「マンション絶望未来」の他の記事を読む

「2億円でできる工事なのに、倍の4億円もの見積もりを出してきた。あのまま工事を依頼していたら、大変なことになっていた」

首都圏のあるマンションの管理組合で理事を務めていた西住さん(仮名)は、4年前の騒動を振り返る。当時管理組合では、大規模修繕を行う工事会社の選定について、議論の真っただ中だった。

十数年に一度行われる大規模修繕。屋上防水や外壁塗装といった共用部分の改修など、マンションの資産価値維持には不可欠な工事だ。だが発注者である管理組合は素人集団。そこで登場するのが、修繕工事の計画から業者選定、工事監理まで一手に引き受ける設計コンサルタントだ。

西住さんの管理組合でもコンサル7社から見積もりを取り、他社より200万~300万円ほど安い価格を提示したA社に監理を依頼することとなった。異様に安い金額に疑問を抱きつつも、大規模修繕の実績が豊富だったために、A社を信頼したという。

不透明な業者選定プロセス 工事費「水増し」の実態

だが、西住さんの疑念は徐々に確信へと変わる。工事費の概算見積もりとして、A社が提示した金額は4億円。管理組合が積み立ててきた修繕積立金とほぼ同じ金額だった。念のため別のマンション改修専門工事会社で見積もりを取ると、返ってきた金額は何と半額の2億円。「最初の見積もりは何だったんだ」。西住さんは言葉を失った。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
マンション絶望未来
高経年化=老朽化とは限らない
現場が見えていない!?
3Dの建設設計図で「見える化」
当事者たちが語る
業者にカモられないための
悪質コンサルの厚顔無恥
積立金と現場作業員のW不足
有識者に聞く老朽化への処方箋 マンションを延命するには?
»»PART2 資産価値が急落! 老朽化の恐怖
業界震撼!
新築市場4つの爆弾(4)金利上昇
新築市場4つの爆弾(3)選手村跡地マンション
不動産の達人に聞く マンション市場
不動産コンサルタント 沖有人/「マンションマニア」管理人 星直人
新築市場4つの爆弾(2)羽田新飛行ルート
新築市場4つの爆弾(1)免震・制振偽装
»»PART1 新築市場の急減速
新築の急減速&超老朽化のダブル危機
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内