有料会員限定

首都圏の相場を狂わせる4100戸の割安分譲 新築市場4つの爆弾(3)選手村跡地マンション

印刷
A
A
同事業を担当するのは大手デベロッパー11社(撮影:尾形文繁)

特集「マンション絶望未来」の他の記事を読む

東京都・晴海5丁目で建設が進む東京オリンピック選手村。2023年、13万平方メートルのこの選手村跡地にでき上がるマンション街は、あらゆる面で異例尽くしだ。

「HARUMI FLAG」と称する同プロジェクトの施行者は東京都だが、実際の開発と販売はデベロッパー11社が担う。名を連ねるのは三井不動産レジデンシャルを幹事に、三菱地所レジデンス、野村不動産、住友不動産と、業界の代表的な企業ばかりである。

三井不動産レジデンシャルの幹部は選手村マンションについて、「最大の特長は面開発をしていること」と語る。「普通、湾岸マンションは点開発。面開発は土地に余裕のある地方でやるもの。そこを、駐車場を全部地下化して地上を広々とさせたり、大きな道路を通して並木道にしたり、相互の景観に配慮しながら建物を設置したりする面開発を、新橋から10分の晴海でやる。こんなぜいたくは過去に例がないし、今後もない」

同じ敷地内に商業施設も併設し、総合スーパーや医療モールなどを誘致する。BRT(バス高速輸送システム)、小中学校、水素ステーションの設置も予定される。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
マンション絶望未来
高経年化=老朽化とは限らない
現場が見えていない!?
3Dの建設設計図で「見える化」
当事者たちが語る
業者にカモられないための
悪質コンサルの厚顔無恥
積立金と現場作業員のW不足
有識者に聞く老朽化への処方箋 マンションを延命するには?
»»PART2 資産価値が急落! 老朽化の恐怖
業界震撼!
新築市場4つの爆弾(4)金利上昇
新築市場4つの爆弾(3)選手村跡地マンション
不動産の達人に聞く マンション市場
不動産コンサルタント 沖有人/「マンションマニア」管理人 星直人
新築市場4つの爆弾(2)羽田新飛行ルート
新築市場4つの爆弾(1)免震・制振偽装
»»PART1 新築市場の急減速
新築の急減速&超老朽化のダブル危機
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内