有料会員限定

採用難時代に負けない有望新卒獲得の新手法 ブロンコビリー/国際自動車/ネクステージ…

印刷
A
A

外食やタクシー、中古車販売から日用品・食品メーカーまで。売り手市場でも着実に採用実績を残す企業はどんな工夫をしているのか。

就活ルールの見直しが議論される中、企業の課題は引き続き、人手不足時代にいかによい人材を獲得するかだ。人材を武器に快進撃を続ける企業は何が違うのか。

ブロンコビリー|社員の過半が入社3年未満 ウリは好業績

ブラックで稼げないイメージの外食業界にあって、100人超の採用に成功

特集「採用クライシス」の他の記事を読む

ワンオペや過重労働など、ブラックなイメージが付きまとう外食業界。そこで異彩を放つのが、国内に約130店のステーキレストランを展開するブロンコビリーだ。2017年卒から3年連続で100人超の採用に成功(19年卒は内定者が約120人)。今では社員の過半が入社から3年未満の若手だ。

同社は東証1部上場企業だが、本社が名古屋ということもあり知名度が低かった。店舗網拡大のために新卒社員の獲得を目指すも、当初は採用計画の未達が続いた。

関東、東海、関西で約130店のステーキレストランを展開。本社は名古屋で設立は1983年

転機となったのは、創業者である竹市靖公会長の「今年は100人採るぞ」との号令だった。従来は店舗のある関東、東海、関西のみで行っていた採用活動を、16年卒の採用から北海道や東北、九州へと拡大。知名度が低い無店舗地域では、大手就職情報サイトの合同説明会に出展しても学生に振り向いてもらえないため、大学が主催する学内合同説明会に目をつけた。「大学側が選別した企業」と認識され、学生に興味を持ってもらいやすいという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
採用クライシス
米国/フランス/中国
90年間に及ぶ繰り返し
INTERVIEW|雇用ジャーナリスト 海老原嗣生
経団連ルール廃止後 3 つのシナリオ
どうなる就活日程
人事トップ覆面座談会
経団連/新経連/就職問題懇談会の幹部が語る
»»PART2 就活ルールが変わる
中途採用も超売り手市場
INTERVIEW|UZUZ専務 川畑翔太郎
採用の効率化・精度向上に挑む
就職率は約3割
大学名だけで学生を選別
ブロンコビリー/国際自動車/ネクステージ…
メガバンク人気急落、人気の航空業界にも悩み
INTERVIEW|ファーストリテイリング会長兼社長 柳井 正
企業vs.学生 本音バトル
就活カフェ、逆求人…
»»PART1 就職活動のリアル
採用クライシス
就活ルール廃止の衝撃
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内