有料会員限定

トヨタFCV普及の甘くない現実 ハードル4 次期モデルが試金石

印刷
A
A

トヨタ自動車は昨年、EV(電気自動車)を本格展開する方針(→関連記事へ)を打ち出した。だが、エコカーの本命と位置づけ、水素を燃料とするFCV(燃料電池車)の旗を降ろしたわけではない。カギを握るのは2020年…

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内