有料会員限定

シェアリングが促す自動車ビジネスの転換 ハードル3 ウーバー、滴滴出行…

印刷
A
A
米ウーバーや中国滴滴出行などライドシェアの配車アプリが陣取り合戦を繰り広げる。ソフトバンクも巨額投資を仕掛けている(Getty Images)

特集「トヨタ 生存の条件」の他の記事を読む

ライドシェアをめぐる陣取り合戦が混沌としてきた。

米ウーバー・テクノロジーズの中国部門を吸収した中国最大手の滴滴出行(ディディチューシン)は、2018年1月にはブラジル最大手99を買収。米フォード・モーターや、部品最大手の独ボッシュまでがライドシェア企業を買収している。ウーバーの東南アジア部門を東南アジア最大手グラブが買収するといった一部報道があるなど、勢力図は目まぐるしく変化している。

ライドシェアは、自家用車の空き座席を利用して報酬を得たい個人(ドライバー)と、そのサービスを利用して移動したい個人(ユーザー)とを、配車アプリで結び付けてくれる。ユーザーは、スマートフォンを使い、簡単・即時に配車を受けられる。レーティングシステムによって安全・安心を担保でき、また、需給に応じた弾力的な料金設定で、料金が低くなれば供給者が減る一方、料金が高くなれば供給者が増えるといった市場メカニズムが機能している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内