有料会員限定

巨人が群がる音の潜在力 AIスピーカー

印刷
A
A

ポスト・スマートフォンといわれる新潮流のデジタル製品が、2017年秋以降、日本でも続々とお目見えしている。

10月5日にそろって日本で発表されたのが、米グーグルの「グーグルホーム」、LINEの「クローバ ウェーブ」という二つのAI(人工知能)スピーカーだ。どちらも自社グループで開発しているAIによる音声アシスタント機能を搭載しており、基幹モデルの価格も1万4000円前後で拮抗している。

他社に先駆け14年から米国でAIスピーカーを展開する米アマゾン・ドット・コムも、11月8日に自社AI「アレクサ」を内蔵した「アマゾン・エコー」の日本での発売を発表、翌週から販売・出荷を始めた。米アップルも、発売にはこぎ着けていないが「シリ」搭載の「ホームポッド」投入に向け準備を進める。IT業界の巨人たちが競い合う、まさに百花繚乱の状況だ。

(左:The New York Times/アフロ)

特集「市場縮小、人手不足 日本企業の活路は」の他の記事を読む

基幹モデルは各社ともコンパクトサイズで、黒、白、グレーなどシンプルな色・デザインの据え置き型だ。使い方も極めて似ている。「OKグーグル、今日の予定を教えて」「アレクサ、10分のタイマーをセットして」「クローバ、音楽をかけて」といった具合に、それぞれのウェイクアップ(起動)ワードと質問・要望を声で投げかけられると、AIの自然言語処理技術で内容を把握。音声で返答したり、付随する機能を使って対応したりする。あらかじめ設定することで、家の中の照明のオン・オフ、ロボット掃除機の操作なども行える。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
市場縮小、人手不足 日本企業の活路は
苦境のフジテレビ
“劇薬"の制度改革
米国産LNG輸入
核燃料サイクル
FXレバレッジ規制
つみたてNISA
Interview|マネーフォワード 社長 CEO 辻 庸介
消費者金融
自動車保険
生保再編
熱狂ビットコイン
Interview|三重銀行 頭取 渡辺三憲
窮地の銀行
Interview|オリックス 社長 井上 亮
民泊新法が施行
Interview|日本郵便 社長 横山邦男
建設業界の人手不足
オフィスビルの2018年問題
マンション市場
Interview|鳥貴族 社長 大倉忠司
ロカボ
新型コンビニ
Interview|国民生活産業・消費者団体連合会会長 ゼンショーホールディングス会長兼社長 小川賢太郎
加熱式たばこ
健康志向食品
エアレスタイヤ
シワ改善
インバウンド
三越伊勢丹の再生
アパレル不況
爆走メルカリ
ネット動画
カメラの岐路
Interview|ワコム 取締役 井出信孝
ゲーム機
AIスピーカー
AR・VR
パナソニック
ソニー
トヨタの戦略
次世代電池
クラウドワーカー
LCC泥沼の競争
続く宅配危機
ライドシェア・カーシェア
電気自動車の未来
東芝の行方
市場縮小、人手不足 日本企業の活路は
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内