有料会員限定

労基署はあなたの会社のここを見ている 監督官覆面座談会

印刷
A
A
2016年11月、新入社員の過労自殺事件が起きた電通本社を家宅捜索する労働基準監督官たち(共同通信)

特集「残業禁止時代」の他の記事を読む

電通で起きた新人女性の過労自殺事件をきっかけに、労働基準法などに基づいて企業を指導・監督する労働基準監督官に注目が集まっている。大手企業を次々と書類送検する過重労働撲滅特別対策班(かとく)の動きに、企業は戦々恐々としている。現状を現場の監督官はどう見ているのか。現役監督官3人に話を聞いた。

【 労働基準監督官 】
労働条件の確保・向上などを任務とする厚生労働省の専門職員。都道府県労働局や管下の労働基準監督署を中心に配属されている。

【 過重労働撲滅特別対策班 】
全国的な大企業の違法な長時間労働の調査を専属で行うため、東京と大阪の労働局に設置された。通称「かとく」。今年4月には厚労省本省内に「過重労働撲滅特別対策室」を設けた。

Aさん…50代男性(東日本)
Bさん…40代男性(首都圏)
Cさん…40代男性(西日本)

──電通事件が監督現場に与えた影響は。

Aさん 非常に大きなインパクトがあったと思う。臨検監督に入ると、企業側が相当ナーバスになっているなと感じる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内