有料会員限定

米ウーバーが新たに生んだ矛盾 雇用契約なしに長時間労働を野放し

印刷
A
A

ライドシェア業界の雄、米ウーバー・テクノロジーズの足元が揺れている。トラビス・カラニック最高経営責任者が6月20日、経済的苦境を訴えたドライバーをなじったことや社内のセクハラ問題などへの批判が増す中、辞任したと米紙ニューヨーク・タイムズが報じた。

同社のうたい文句とは裏腹に、待遇の悪さを訴えるドライバーの声は後を絶たない。ニューヨーク市では昨年5月、「インディペンデント・ドライバーズ・ギルド(請負ドライバー組合=IDG)」が発足。4万5000人超のライドシェアドライバーなどが加入し、その91%は移民だ。米紙によると、サンフランシスコでは全米トラック運転手組合が、カリフォルニア州のライドシェアドライバーの組織化を探っているという。昨年2月には、ニューヨークやフィラデルフィアで、多くのウーバーのドライバーがデモを行った。

昨年2月、ニューヨーク市でのウーバー運転手たちのデモ行進(Getty Images)

特集「残業禁止時代」の他の記事を読む

不安定な個人請負、全米で相次ぐ訴訟

IDGの最新調査によると、同調査に回答したIDG組合員の57%が年収5万ドル(約555万円)未満であり、78%がフルタイムのドライバーだ。医療保険の未加入者は27%に上る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内