有料会員限定

失敗に学んだ投資家の地道な蓄財法 私はこう運用して貯めました!

✎ 1〜 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 最新
拡大
縮小

個人投資家は、どのようにすればおカネを殖やすことができるのか。ここでは、平日の昼間は仕事をしながら、資産を着実に増やしてきた3人の個人投資家ブロガーに、資産運用のコツを聞く。

いずれも過去の失敗体験などから、利回りを重視した堅実な運用方法を取っている人たちだ。手数料や税負担といったコストへもしっかり目配りしている。多くの忙しいビジネスパーソンでも取り組める方法として参考になる。

case1. 蓄財王さん
40代後半、都内の1部上場企業に勤務

特集「おカネを殖やす!」の他の記事を読む

過去の苦い経験を経て今は利回り重視の運用

蓄財王さん(ブログのハンドルネーム、以下同)の投資歴は25年以上に及び、金融資産は4275万円。家族4人が暮らす自宅の住宅ローンの残債1900万円を差し引いても純資産は2300万円になる(2017年2月現在、以下同)。

金融資産の内訳は、国内外の株式・債券など多岐にわたるが、特徴的なのはREIT(不動産投資信託)。01年にJ-REITが東京証券取引所に上場した頃から投資を続けている。高い分配金利回りが魅力だ。現在は、野村不動産マスターファンド投資法人、日本アコモデーションファンド投資法人など8銘柄を保有する。「かつてに比べ利回りは下がりましたが、それでも年3%超。年間40万円以上の分配金があります。これにボーナスの約70万円を足して年に120万円分、3〜4回に分けてNISA(少額投資非課税制度)で買い付けています」。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
おカネを殖やす!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内