有料会員限定

キンドルが変える出版業界“旧秩序" アマゾンvs.ソニーに米最大書店チェーンも参戦

印刷
A
A

豊富なコンテンツを武器に、アマゾンが独走するのか。

昨年12月時点でBarnes&Nobleを726店、B.Dalton storesを52店展開するバーンズ&ノーブル

特集「アマゾンの正体」の他の記事を読む

ボーダーズはBorders Superstoreを515店、Waldenbooksを386店展開(1月末時点)

米国の出版業界は今、歴史的な大転換の時を迎えている。そのことを象徴する“第一の事象”は、ついに全米最強の書店チェーン「バーンズ&ノーブル(B&N)」が、アマゾンに全米首位の地位を奪われたことだ。

両者は10年以上も前から宿命のライバル関係だ。B&Nは1997年5月、アマゾンがナスダックに上場したその同じタイミングで、“アマゾンキラー”の異名を持つオンライン書店「B&N・コム」をスタート。すでにして巨大なバイイングパワーと価格競争力を誇るB&Nが時を待たずにアマゾンを葬り去る、とも言われたものだ。

創業間もないアマゾンは必死に出鼻をくじこうとした。B&N・コムが採用した購入画面が、アマゾンのビジネスモデル特許「ワンクリック購入」(住所とクレジットカード番号を記録しておき、一度のクリックで買い物が完了)を侵害しているとして提訴。その是非をめぐって反感を買いながらも、生き残りのために必死だった。

ところが、“アマゾンキラー”はアマゾンの独走を止めることはできなかった。98年9月にはナスダック上場を果たしたものの業績低迷が続き、2003年11月には親会社のB&Nの完全子会社となった。現在も同部門の売上高を公表しているが、年間4億ドル台でたゆたったままだ(下グラフの黄緑色部分)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アマゾンの正体
カリスマ創業者 ジェフ・ベゾスとは何者か
アメリカの先を行く日本の電子書籍市場
ネットユーザー1000人アンケート
▶▶PART3 青息吐息の“出版アンシャンレジーム"
[COLUMN]キーワードで読み解く
[INTERVIEW]アルマクリエイションズ 神田昌典
ニッポンのトップサイトの戦略
[対談]アーキタイプ 中嶋淳×樋口理
読書の達人が語るアマゾンと出版業界
[INTERVIEW]アマゾンジャパン社長
[INTERVIEW]キンドル、物流、ジャヴァリ…
“アマゾン品質"の秘密に迫る
マイクロソフトも震撼
[INTERVIEW]米ソニー 野口不二夫
アマゾンvs.ソニーに米最大書店チェーンも参戦
▶︎▶︎PART1 ここまで進化している米アマゾン
知られざる出版革命
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内