有料会員限定

デジタル新秩序 覇権は誰の手に? ▶▶PART3 青息吐息の“出版アンシャンレジーム"

印刷
A
A

縮小する出版市場。その先にある新時代を目指し、革命の烽火(のろし)が上がり始めた。

ディスカヴァー21はe託を活用し2008年のアマゾン出版社売り上げランキングで43位(07年は80位)

特集「アマゾンの正体」の他の記事を読む

日本でもアマゾン「キンドル」のような電子ブックがブレークする日は到来するのだろうか。出版界の声は総じて冷ややか。なぜなら、「日本では新刊コンテンツを集めることができないから。これまでも死屍累々だ」(大手出版社社長)。

記憶に新しいところでも不幸な失敗例がある。ソニーは2004年4月、イー・インク社の電子ペーパーを搭載した電子ブック「リブリエ」を世界に先駆けて日本で発売。キンドルより3年以上早く、電子ブックビジネスに挑戦した。しかし、コンテンツがほとんど集まらなかったうえ、配信方法も売り切りではなく2カ月間の期限付き貸し出し。使い勝手が悪かった。結局、07年5月には販売を中止。今年2月にはコンテンツ配信事業会社も清算している。

その事情は、今でも変わっていない。米国では出版物は完全な自由価格。卸値の設定についても、経済原則にのっとり、大量販売するバーンズ&ノーブル、ボーダーズのような大規模チェーンやアマゾンを優遇しなければならない。そのため、出版社はバイイングパワーに基づく卸値の管理を当たり前にこなしている。しかも売れ筋の本であれば、新刊書籍であってもハードカバーに加え、ペーパーバック、CDブックなど複数のバージョンを取りそろえ、それを同時発売するのが普通だ。すでにマルチメディア対応を行っており、そこにキンドルやソニーの「リーダー」が現れても、手間が一つか二つ増えるだけにすぎない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アマゾンの正体
カリスマ創業者 ジェフ・ベゾスとは何者か
アメリカの先を行く日本の電子書籍市場
ネットユーザー1000人アンケート
▶▶PART3 青息吐息の“出版アンシャンレジーム"
[COLUMN]キーワードで読み解く
[INTERVIEW]アルマクリエイションズ 神田昌典
ニッポンのトップサイトの戦略
[対談]アーキタイプ 中嶋淳×樋口理
読書の達人が語るアマゾンと出版業界
[INTERVIEW]アマゾンジャパン社長
[INTERVIEW]キンドル、物流、ジャヴァリ…
“アマゾン品質"の秘密に迫る
マイクロソフトも震撼
[INTERVIEW]米ソニー 野口不二夫
アマゾンvs.ソニーに米最大書店チェーンも参戦
▶︎▶︎PART1 ここまで進化している米アマゾン
知られざる出版革命
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内