有料会員限定

ベンチャー沸騰! 日本を変える100社 第4次ベンチャーブームがやってきた

印刷
A
A

ものづくりの才能が一斉に開花した第1次ブームから40年以上が経過した。今、この国に押し寄せているのは4回目の大きな波である。AI、VR…。最先端技術が既存産業と結び付く、第4次ブームを担うベンチャーを総まくり。

(本誌:秦 卓弥、堀川美行)

ベンチャー企業への投資が活況を呈している。「とにかく足元のパフォーマンスは絶好調。昨年組成した5号ファンドでは、ほとんど営業をせずに数カ月で総額160億円の枠に200億円を超える申し入れがあった」(グロービス・キャピタル・パートナーズの今野穣COO〈最高執行責任者〉)。

2014年からの金融緩和により、多額のマネーがベンチャー投資にも流入。政府も「日本再興戦略」の中で、ベンチャー支援策を次々に打ち出し後押しをしてきた。

ベンチャー資金調達はボトムの2.9倍に

ジャパンベンチャーリサーチの北村彰相談役は、「16年のベンチャーの資金調達額は1800億円超と、15年の1685億円からさらに増える見通し」と話す。これは、ボトムだった12年の2.9倍の水準で、リーマンショック前の06年を上回る(図表1)。市場は「第4次ベンチャーブームが来た」と盛り上がる。

[図表1]
(注)2016年の社数はデータの収集が進むと今後上振れする可能性がある (出所)ジャパンベンチャーリサーチ

特集「すごいベンチャー100 2017年版」の他の記事を読む

出資を募る側のベンチャーの質と資金調達ニーズも変わってきている。「数年前まではスマホのプラットフォーム化に対応したベンチャーが多く資金用途も広告費などが中心だったが、昨年あたりからVR(仮想現実)、AI(人工知能)などの技術に立脚した面白い投資先が徐々に現れてきた」(ジャフコの藤井淳史・投資一グループリーダー)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2017年版
ウエアラブル、環境、水産など
ライフイズテック、THINKERS...
QDレーザ、ミライセンス、H2L...
Inagora、Huber.…
ナノティス、情報医療、LPixel…
みんな電気、デジタルグリッド…
ライフスタイルアクセント、ホワイトプラス…
▶▶Part3 「日常」を変えるベンチャー
[INTERVIEW]ミスルトウ孫泰蔵社長
[INTERVIEW]プラスJ池田純社長
日本材料技研、エーアイシルク…
ウェルスナビ、AlpacaDB…
米テスラ・モーターズ率いるベンチャーの旗手
スマートドライブ、ITD Lab...
プロドローン、ブルーイノベーション…
グラウンド、メルティンMMI…
ネイン、スカイディスク…
メビオール、アドダイス、ベジタリア…
▶▶Part2 ベンチャーが起こす産業革命
有力ベンチャーキャピタリストが明かす
上場後の不祥事も後を絶たない
[INTERVIEW]ユーグレナ出雲充社長
急増する東大ベンチャーの勝算
出遅れた私大や関西勢も続々設立
アマゾン流ベンチャーの活用
Amazon Launchpad ストア
▶▶Part1 拡大する第4次ブーム
第4次ベンチャーブームがやってきた
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内