有料会員限定

アナログと最先端技術「農業革新ベンチャー」 メビオール、アドダイス、ベジタリア…

印刷
A
A
水と栄養分だけを通すフィルムの上でトマトなどの作物が育つ(撮影:今井康一)

特集「すごいベンチャー100 2017年版」の他の記事を読む

砂漠の真ん中で農業を

「サハラ砂漠産のトマトっておいしいよね」「私はゴビ砂漠産が好きよ」──。そんなやり取りを耳にする日は、そう遠くないかもしれない。

神奈川・平塚市に本社を構えるメビオールは、砂漠やコンクリートの上でも農業ができるフィルム農法、「アイメック」のパイオニアだ。

フィルムが土壌の代わりに

農業を行ううえで重要な土壌づくりには高い技術が求められるが、アイメックでは土壌の代わりに、無数の微小な穴から水と栄養分だけを通すフィルムを用いる。細菌やウイルスを通さないため、農薬を使う必要もなく、未経験者でも短期間で農業を始めることができるという。

森有一社長(74)は、東レやテルモなどで20年以上、人工臓器の開発に携わってきた。1990年ごろに地球温暖化や食糧危機が叫ばれ始めると、医療で培った技術を環境や食糧の問題解決に生かすべく一念発起。95年にメビオールを設立した。

アイメックは2009年にトマト生産に導入されて以来、国内約150カ所の農場で採用されており、海外でも100カ国以上で特許を取得した。土壌汚染が危惧される中国や、ドバイの砂漠地域にも進出している。砂漠は日照時間が長いため、通常の農場に比べてトマトの収量が多く、糖度も高いという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2017年版
ウエアラブル、環境、水産など
ライフイズテック、THINKERS...
QDレーザ、ミライセンス、H2L...
Inagora、Huber.…
ナノティス、情報医療、LPixel…
みんな電気、デジタルグリッド…
ライフスタイルアクセント、ホワイトプラス…
▶▶Part3 「日常」を変えるベンチャー
[INTERVIEW]ミスルトウ孫泰蔵社長
[INTERVIEW]プラスJ池田純社長
日本材料技研、エーアイシルク…
ウェルスナビ、AlpacaDB…
米テスラ・モーターズ率いるベンチャーの旗手
スマートドライブ、ITD Lab...
プロドローン、ブルーイノベーション…
グラウンド、メルティンMMI…
ネイン、スカイディスク…
メビオール、アドダイス、ベジタリア…
▶▶Part2 ベンチャーが起こす産業革命
有力ベンチャーキャピタリストが明かす
上場後の不祥事も後を絶たない
[INTERVIEW]ユーグレナ出雲充社長
急増する東大ベンチャーの勝算
出遅れた私大や関西勢も続々設立
アマゾン流ベンチャーの活用
Amazon Launchpad ストア
▶▶Part1 拡大する第4次ブーム
第4次ベンチャーブームがやってきた
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内