有料会員限定

大企業がベンチャーを「青田買い」 ▶▶Part1 拡大する第4次ブーム

印刷
A
A

第4次ベンチャーブームの陰の主役は大企業や大学だ。世の中のマネーがベンチャーに向かう理由とは。

事業会社が自己資金でベンチャー投資活動を行う組織、CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)が設立ラッシュを迎えている。ニコン、三井不動産、三越伊勢丹ホールディングス……。国内を代表する老舗企業がベンチャー投資に乗り出すのが最近の特徴である。豊富な経営資源を抱える大企業はなぜ今、ベンチャーに注目するのだろうか。

設立ラッシュ迎えるCVC

(注)各社HPやプレスリリース、取材を基に本誌作成。複数ファンドを組成している企業は合算値。─は未公表。ニコンはSBIとのファンド設立年月

特集「すごいベンチャー100 2017年版」の他の記事を読む

ニコン

カメラなど既存事業の成熟化を背景に、新規事業の種を探しているのがニコンである。2014年に発表した中期経営計画で300億円をCVCプログラムに投資する方針を示した。15年から複数のVCを通じて100億円を投資している。16年にはSBIインベストメントとファンドを設立し、100億円の運用を始めた。残りの100億円は16年10月に始まったコーポレート・アクセラレーター・プログラム(CAP)などに充てる。

出資企業が手掛ける3Dプリンタ。本業関連も強化する

目をつけたのはヘルスケアだ。世界的な市場は大きいが、国によって規制は異なる。単独では「大海に小舟で出ていくようなもの」(吉川健二・経営戦略本部執行役員)。そこでVC10社を通じて、海外のヘルスケア関連などに投資を開始した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2017年版
ウエアラブル、環境、水産など
ライフイズテック、THINKERS...
QDレーザ、ミライセンス、H2L...
Inagora、Huber.…
ナノティス、情報医療、LPixel…
みんな電気、デジタルグリッド…
ライフスタイルアクセント、ホワイトプラス…
▶▶Part3 「日常」を変えるベンチャー
[INTERVIEW]ミスルトウ孫泰蔵社長
[INTERVIEW]プラスJ池田純社長
日本材料技研、エーアイシルク…
ウェルスナビ、AlpacaDB…
米テスラ・モーターズ率いるベンチャーの旗手
スマートドライブ、ITD Lab...
プロドローン、ブルーイノベーション…
グラウンド、メルティンMMI…
ネイン、スカイディスク…
メビオール、アドダイス、ベジタリア…
▶▶Part2 ベンチャーが起こす産業革命
有力ベンチャーキャピタリストが明かす
上場後の不祥事も後を絶たない
[INTERVIEW]ユーグレナ出雲充社長
急増する東大ベンチャーの勝算
出遅れた私大や関西勢も続々設立
アマゾン流ベンチャーの活用
Amazon Launchpad ストア
▶▶Part1 拡大する第4次ブーム
第4次ベンチャーブームがやってきた
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内