有料会員限定

資産運用を変える「フィンテックベンチャー」 ウェルスナビ、AlpacaDB…

✎ 1〜 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 最新
拡大
縮小
「起業前にテックキャンプで過ごした1カ月が最もしんどかった」と柴山CEO(撮影:梅谷秀司)

特集「すごいベンチャー100 2017年版」の他の記事を読む

次世代の金融インフラになる

年金と退職金だけでは老後の資金が不安だが、資産運用するための知識も時間もない。現役世代をそんな苦悩から救うべく、「次世代の金融インフラ」の構築を目指しているのが、ウェルスナビの柴山和久CEO(39)だ。

同社が手掛けているのは、国際分散投資の理論に基づいたアルゴリズムによる資産の自動運用サービス。最低投資金額は100万円で、5段階のリスク許容度に応じて米国上場のETF(上場投資信託)6〜7種でポートフォリオを組んでくれる。手数料は預かり資産の年率1%で、3000万円を超える部分は同0.5%(いずれも税別)。売買や入出金の際の手数料は不要だ。

柴山氏は東京大学を卒業後、財務省や米マッキンゼーを経て、2015年にウェルスナビを立ち上げた。きっかけは、国際結婚した米国出身の妻の両親とのやり取りだ。

義母に資産運用の状況を確認してほしいと言われ、柴山氏の両親と比較したところ、義父母の金融資産はその10倍もあった。若い頃からファイナンシャルプランナーに資産運用を委託し続けてきたためだった。「日本でも、一般の人が運用をプロに任せて手軽に投資できるサービスを作りたい」。そんな思いが、当時、ウォール街に本拠を置く機関投資家の資産運用をサポートしていた柴山氏を起業へと動かした。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2017年版
ウエアラブル、環境、水産など
ライフイズテック、THINKERS...
QDレーザ、ミライセンス、H2L...
Inagora、Huber.…
ナノティス、情報医療、LPixel…
みんな電気、デジタルグリッド…
ライフスタイルアクセント、ホワイトプラス…
▶▶Part3 「日常」を変えるベンチャー
[INTERVIEW]ミスルトウ孫泰蔵社長
[INTERVIEW]プラスJ池田純社長
日本材料技研、エーアイシルク…
ウェルスナビ、AlpacaDB…
米テスラ・モーターズ率いるベンチャーの旗手
スマートドライブ、ITD Lab...
プロドローン、ブルーイノベーション…
グラウンド、メルティンMMI…
ネイン、スカイディスク…
メビオール、アドダイス、ベジタリア…
▶▶Part2 ベンチャーが起こす産業革命
有力ベンチャーキャピタリストが明かす
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内