有料会員限定

甲子園球場に潜入 開幕直前!

印刷
A
A
球場の正面。リニューアル後に再植樹されたツタは着実に成長している(撮影:ヒラオカスタジオ)

特集「高校野球」の他の記事を読む

大阪の阪神電気鉄道梅田駅から特急で10分余り。甲子園駅で下車して改札を抜けると、目の前に見えるのが高校球児にとってあこがれの地、阪神甲子園球場だ。1924年に建設され、現存する球場の中では日本で最も古い。収容人数は4万7508と日本一を誇る。

今年は8月7日(日)から始まる熱戦の舞台はどんなところなのか。本誌は一足先に訪れた。

球場を訪れると最初に目に入るのは、外壁を覆っているツタだ。球場の完成当初はコンクリートむき出しで殺風景だったことから、見た目を改善するために植えられた。

2007年のリニューアル工事開始に合わせすべて伐採されたが、そのときの種子を生育して再植樹した。20世紀最後の夏の大会を記念して日本高等学校野球連盟(高野連)加盟校に贈り、育てられていた苗木も「里帰り」として移植している。球場全体を覆うにはまだ時間がかかるが、壁面緑化によりヒートアイランド現象の緩和や空調効率の改善にも役立っているという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内