有料会員限定

甲子園の名言から学ぶ あの名監督はこう言った

印刷
A
A

強豪の勝利から奇跡の大逆転まで。選手の活躍の裏にはそれを促す監督の一言があった。

2011年夏、2度目の優勝を果たした日本大学第三高校・小倉全由監督(KPS)

特集「高校野球」の他の記事を読む

一生懸命やるのなんて格好が悪い──。最近の高校生には、そんな風潮がある。試合が明らかに劣勢の展開で全力プレーをすると、「おまえ、何熱くなってんの?」と言うような選手が同じチーム内にいるのだ。自分で勝手に結果を予測し、初めからあきらめてしまっているからそんな言葉が出る。

だが、日大三にはそんな選手はいない。小倉全由(まさよし)監督が、最後まで頑張り抜くことの大切さを身をもって経験させるからだ。

それを教えるのは、毎年、年末に2週間かけて行う冬合宿。朝5時半のランニングから夕食後のバットスイングまで練習が続き、選手たちが「ベッドに入ったと思ったら朝。朝が来るのが怖い」と口をそろえる伝統行事だ。

その中で、小倉監督が重視しているのが、毎朝の12分間走。選手たちに交じって監督も走る。

「12分間一緒に走っていると、その子が頑張っているか、頑張っていないかが見えるんですよね。あとは、『今日はここまでだった。じゃあ、明日は俺よりこれだけ前に行かなきゃ許さねーぞ』とノルマを与える。ノルマを与えて、そこで頑張って結果が出たという経験を味わわせるんです」

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内