有料会員限定

異常な混雑に秘策はある 鉄道会社も頭を抱える

印刷
A
A
新線開通などがあっても、東京圏の混雑改善はなかなか進まない(時事)

特集「日本の鉄道」の他の記事を読む

首都圏で暮らす人にとって、ラッシュ時の混雑は大きなストレスの一つだ。上野東京ラインなど新路線の開業などが話題となる中で、激しい混雑が解消される兆しはなかなか見えない。

大阪圏、名古屋圏で主要区間の平均混雑率が150%を下回るようになった一方、東京圏の混雑率は依然として150%以上と高いままだ(図表1)。ピーク時の混雑率が180%を上回る路線は10以上もある。2014年度のデータでは、東京圏で最も混雑するのは東京メトロ東西線の木場─門前仲町間で、混雑率は200%に達する(図表2)。

混雑率180%の目標達成は困難

[図表1]
拡大する
[図表2]
拡大する

00年に東京圏の鉄道網整備についての基本計画をまとめた運輸政策審議会(当時)の答申第18号では、15年度における東京圏の主な区間のピーク時平均混雑率を150%以下にするとともに、個別の路線においてもピーク時混雑率を180%以下にすることが目標とされていた。達成には程遠い。

増え続ける人口 対応追いつかず 

混雑の緩和に向けて鉄道各社は何も手を打たなかったかといえば、そうではない。鉄道の混雑がなかなか緩和されない大きな理由は、東京圏の人口自体が増え続けていることにあるためだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内