有料会員限定

リニア新幹線 全線開通の関門 建設費は上振れ必至

印刷
A
A
最高時速500キロメートル、東京─名古屋を約40分で結ぶリニア。2027年に開業できるのか(撮影:尾形文繁)

特集「日本の鉄道」の他の記事を読む

JR東海が進めるリニア中央新幹線は、建設費高騰により完成時期が当初計画から遅れる可能性が出てきた。

2027年の開業を目指すリニア中央新幹線(品川─名古屋間)の総延長は286キロメートルで、9割弱が地下トンネルだ。特に南アルプスの山岳トンネル(延長約25キロメートル)は、土かぶり(トンネルの掘削面上部から地上までの高さ)が最大約1400メートルと前例がない工事だ。「岩盤や湧き水などの状況次第で工期は大きく変わってくる。実際にやってみなければわからない」(大手ゼネコン幹部)という。歴史をさかのぼっても上越新幹線の大清水トンネルや東海北陸自動車道の飛騨トンネルなど例を挙げるまでもなく、長大トンネルは計画どおりに進んだことがない。工期が延びても不思議はないのだ。

懸念はほかにもある。建設費だ。建設実施計画が認可された昨年10月の時点で、総工費は5兆5235億円(山梨リニア実験線既設分除く、車両費含む)。この金額についても「いくらまで膨らむのか」と危惧する関係者の声がある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内