有料会員限定

ようやく見えた鉄路復活の道筋 東日本大震災から5年…

印刷
A
A
拡大する
三陸鉄道宮古駅に並ぶ三陸鉄道とJRの車両。山田線・宮古―釜石間の復旧も始まった

特集「経営」の他の記事を読む

2016年の3月は震災からちょうど5周年という一つの大きな区切りとなった。被災した鉄道路線にとっては、すべての線区において「将来像」、つまり復旧の方針や時期が決まるという、こちらも区切りとなった月でもあった。

こうした動きを受けて、今回は私も、現状を把握するだけではなく、「今後の東北太平洋岸の交通網はいかにあるべきか」という点も念頭に現地を取材した。もちろん交通復興への道のりは、まだまだ遠い。さまざまな課題も見えてきており、このままスムーズに進むとは限らないとも思う。

常磐線は全線復旧へ BRTは運行を継続

最後まで方向性が見えなかったのは、福島第一原子力発電所事故により不通が続いている常磐線竜田─原ノ町間のうち、帰宅困難地域を通過している富岡─浪江間であった。除染、復旧工事実施へのメドがついたことから、JR東日本は3月10日に、この区間の19年度末(20年春)の運転再開予定を発表。これで常磐線の不通区間はすべて復旧時期が示されたことになる。全線運転再開へ向け、大きく動いたと言えよう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内