有料会員限定

日本企業の新成長ストーリー 逆風下で伸びる会社

印刷
A
A

企業業績の二極化が進んでいる。今稼ぐ会社は何が違うのか。

流線形かご室を採用し発生する風音を低減させる中国最高層ビル「上海中心大厦」に戦略エレベーターが登場する

特集「伸びる会社 沈む会社」の他の記事を読む

今年2月、“事件”は起こった。重電3位の三菱電機が、時価総額で日立製作所を抜き業界トップに躍り出たのだ。

日立への成長期待が見直され、同社の株価が下落した面はある。ただ日立の売上高が約10兆円なのに対し、三菱電機のそれは約4.4兆円。時価総額逆転はやはり事件だ。

前2016年3月期の営業利益は3011億円、前期比5.2%減だったものの、利益額は過去2番目の高さ。売上高営業利益率は6.9%と、日立の6.3%を勝る。さらにROE(自己資本利益率)は12.4%に達する。日立の中西宏明会長は「三菱電機の時価総額が高いのは利益率が高いから」と認める。

総合電機メーカーである三菱電機は、人工衛星からFAシステム、冷蔵庫まで幅広く手掛ける。そのため、事業内容を一口で語ることは難しい。ただ、今回の浮上を象徴する一つの事業として、エレベーターなどの昇降機を挙げることができる。

同社の昇降機は国内シェアトップ、世界でも2番手グループに入る。最大市場である中国ではトップ3圏内。15年3月期は10万台の新設受注のうち75%が中国からだった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
伸びる会社 沈む会社
ツイッターによる情報拡散には限界も
監査等委員会設置会社が相次ぐ
外国人持ち株比率ランキング50
四季報特別調査(3)
四季報特別調査(2)
四季報特別調査(1)
世界最大級の“投資家"が見たガバナンス改革
国内外のファンドに聞く
動き始めた日本企業
ガバナンス改革の功罪
注目のあの企業・業界(4)
インバウンドのこれからは?
補正予算で潤うか
内需企業中心で成長、好財務企業が狙い目
外需で伸びしろ十分
海外景気減速に負けない成長企業
『会社四季報』最新予想を先取り!(7)
『会社四季報』最新予想を先取り!(6)
注目のあの企業・業界(3)
『会社四季報』最新予想を先取り!(5)
米中売上高比率の高い会社ランキング
業績取材でわかった 波乱含みの会社はここだ
『会社四季報』記者座談会
円高をどうはね返す
注目のあの企業・業界(1)(2)
『会社四季報』最新予想を先取り!(4)
『会社四季報』最新予想を先取り!(3)
『会社四季報』最新予想を先取り!(2)
『会社四季報』最新予想を先取り!(1)
逆風下で伸びる会社
新年度の企業業績を全展望
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内