有料会員限定

「安定株主」は死語 企業と対話を進める 世界最大級の“投資家"が見たガバナンス改革

印刷
A
A

[INTERVIEW]髙橋則広 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)理事長

国民の年金積立金約140兆円を運用する世界最大級の“投資家”、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)。4月就任した髙橋則広・新理事長に、今後の運用方針やスチュワードシップコード(責任ある機関投資家の諸原則=SC)について聞いた。

髙橋則広 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)理事長
たかはし・のりひろ●1980年東京大学法学部卒、農林中央金庫入庫。債券投資部長などを歴任。リーマンショック後の経営立て直しに手腕を発揮した。2015年JA三井リース社長、16年4月から現職。

特集「伸びる会社 沈む会社」の他の記事を読む

──就任から2カ月経ちました。

GPIFは外から見ていたイメージとは随分違っていた。組織がフラットで、職員が言いたいことを言える雰囲気がある。よいパフォーマンスを出す投資機関は、みんな組織がフラット。その点で、GPIFは伸びる余地がある。組織作りから始めなくてはならなかったら、理事長として大変だったと思う。

私が在籍した農林中央金庫の運用部門でも、計画はせいぜい3年間だった。これからは5年、10年の計が必要になる。私たちは円で年金をお支払いしなければならない。長期的な視点を持って、日本経済の成長の中でやっていくことが必要だと感じている。

長期投資だからといって特別なやり方はない。短期的な動向にもつねに目を配る必要がある。後から振り返ってその情報がノイズだったら取り除き、残ったものを継続的に見ていく。そんな地道な作業を繰り返すほかない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
伸びる会社 沈む会社
ツイッターによる情報拡散には限界も
監査等委員会設置会社が相次ぐ
外国人持ち株比率ランキング50
四季報特別調査(3)
四季報特別調査(2)
四季報特別調査(1)
世界最大級の“投資家"が見たガバナンス改革
国内外のファンドに聞く
動き始めた日本企業
ガバナンス改革の功罪
注目のあの企業・業界(4)
インバウンドのこれからは?
補正予算で潤うか
内需企業中心で成長、好財務企業が狙い目
外需で伸びしろ十分
海外景気減速に負けない成長企業
『会社四季報』最新予想を先取り!(7)
『会社四季報』最新予想を先取り!(6)
注目のあの企業・業界(3)
『会社四季報』最新予想を先取り!(5)
米中売上高比率の高い会社ランキング
業績取材でわかった 波乱含みの会社はここだ
『会社四季報』記者座談会
円高をどうはね返す
注目のあの企業・業界(1)(2)
『会社四季報』最新予想を先取り!(4)
『会社四季報』最新予想を先取り!(3)
『会社四季報』最新予想を先取り!(2)
『会社四季報』最新予想を先取り!(1)
逆風下で伸びる会社
新年度の企業業績を全展望
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内