動き始めた日本企業 ガバナンス改革の功罪

印刷
A
A

株主還元は過去最高を更新。この動きはどこまで続くのか。

「ガバナンス改革元年」から1年が経った。

成長戦略の一環として2015年6月、コーポレートガバナンス(CG)・コードが東京証券取引所で導入された。これにより上場企業は、複数の社外取締役の導入が事実上義務づけられるなど、企業統治の強化を求められることになった。株主の権利確保や対話の充実化も、これまで以上に進めなければならない。

国内外の投資家の期待は高まった。昨年5月から6月にかけて日本株は一時12連騰の活況を呈し、「ガバナンス相場」を形成した。

では実際に、日本企業の行動はどこまで変わったのか。

「株主というのは企業経営のメインである、と経営者に知らしめた1年だった」。IR・SR(投資家・株主向け広報)コンサルティングを手掛けるアイ・アール ジャパンの寺下史郎社長は言う。

象徴的だったのは、工作機械向け数値制御装置で世界首位のファナックだろう。同社は高収益・無借金の優良企業だが、株主還元や情報公開に消極的だった。しかし昨年には社外取締役を増員し、株主対話の専門部署を設置。配当性向も従来比2倍の60%へ引き上げた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
伸びる会社 沈む会社
ツイッターによる情報拡散には限界も
監査等委員会設置会社が相次ぐ
外国人持ち株比率ランキング50
四季報特別調査(3)
四季報特別調査(2)
四季報特別調査(1)
世界最大級の“投資家"が見たガバナンス改革
国内外のファンドに聞く
動き始めた日本企業
ガバナンス改革の功罪
注目のあの企業・業界(4)
インバウンドのこれからは?
補正予算で潤うか
内需企業中心で成長、好財務企業が狙い目
外需で伸びしろ十分
海外景気減速に負けない成長企業
『会社四季報』最新予想を先取り!(7)
『会社四季報』最新予想を先取り!(6)
注目のあの企業・業界(3)
『会社四季報』最新予想を先取り!(5)
米中売上高比率の高い会社ランキング
業績取材でわかった 波乱含みの会社はここだ
『会社四季報』記者座談会
円高をどうはね返す
注目のあの企業・業界(1)(2)
『会社四季報』最新予想を先取り!(4)
『会社四季報』最新予想を先取り!(3)
『会社四季報』最新予想を先取り!(2)
『会社四季報』最新予想を先取り!(1)
逆風下で伸びる会社
新年度の企業業績を全展望
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内