業績取材でわかった 波乱含みの会社はここだ 『会社四季報』記者座談会

印刷
A
A

逆風が吹き荒れる企業業績を、『会社四季報』の業界担当記者が徹底予測。

円高に資源安、中国経済の失速などの余波が、企業業績に暗い影を落としている。波乱含みの業種や企業はどこなのか。『会社四季報』の業界担当記者が語り尽くす。

三井物産が出資を発表したアフリカの石炭鉱山

特集「伸びる会社 沈む会社」の他の記事を読む

──三井物産と三菱商事は、創業以来初の赤字に転落したね。

商社担当 資源分野に強い三井物産は、2015年度決算で2600億円の減損損失を計上した。鉄鉱石とLNG(液化天然ガス)、原油への投資は続ける方針だが、初めて非資源分野の強化を打ち出すなど、危機感をあらわにしている。

三菱商事も4300億円の減損を計上し、今後は資源分野の投融資残高を3兆円から増やさない方針に転換した。しかし頼みの非資源も自動車販売など新興国向けの回復には時間がかかるだろう。

16年度の商社業績は減損が一巡することで回復基調だが、過去数年間に出した水準には戻らない。他分野を増やすといっても不透明で、結局は資源価格の影響を受けるだろう。厳しい中でも伊藤忠商事は投資した中国国有企業が寄与することもあり、16年度も過去最高益を更新する見通しとなっている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
伸びる会社 沈む会社
ツイッターによる情報拡散には限界も
監査等委員会設置会社が相次ぐ
外国人持ち株比率ランキング50
四季報特別調査(3)
四季報特別調査(2)
四季報特別調査(1)
世界最大級の“投資家"が見たガバナンス改革
国内外のファンドに聞く
動き始めた日本企業
ガバナンス改革の功罪
注目のあの企業・業界(4)
インバウンドのこれからは?
補正予算で潤うか
内需企業中心で成長、好財務企業が狙い目
外需で伸びしろ十分
海外景気減速に負けない成長企業
『会社四季報』最新予想を先取り!(7)
『会社四季報』最新予想を先取り!(6)
注目のあの企業・業界(3)
『会社四季報』最新予想を先取り!(5)
米中売上高比率の高い会社ランキング
業績取材でわかった 波乱含みの会社はここだ
『会社四季報』記者座談会
円高をどうはね返す
注目のあの企業・業界(1)(2)
『会社四季報』最新予想を先取り!(4)
『会社四季報』最新予想を先取り!(3)
『会社四季報』最新予想を先取り!(2)
『会社四季報』最新予想を先取り!(1)
逆風下で伸びる会社
新年度の企業業績を全展望
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内