有料会員限定

新外需を取り込め 海外景気減速に負けない成長企業

印刷
A
A

円高や新興国の景気減速を押しのけ、たくましく海外で成長する会社の戦略とは。

特集「伸びる会社 沈む会社」の他の記事を読む

昨年12月にオープンした中国最大の840坪を誇る世界旗艦店「上海淮海 755」。1階から3階に店舗を構え、内装には自然素材をふんだんに使った

「無印良品」を展開する良品計画が絶好調だ。中国での驚異的な成長が牽引役となっている。松崎曉社長は、「政府が出した倹約令や景気減速の影響で、好調だった高級ブランド品の売り上げがかなり落ちている。日常品の消費が強くなっており、実需に強いわれわれにとっては追い風だ」と語る。

2016年2月期の売上高は前期比18%増の3075億円、営業利益が同44%増の344億円と2ケタの高い伸びを記録、いずれも過去最高を記録した。このうち中国中心の東アジア事業の売上高は830億円と1.5倍増加。営業利益も2倍の172億円に達し、170億円だった国内事業を初めて上回った。今や稼ぎ頭は名実ともに中国だ。

無印は雑貨から衣服、食品、家具までそろえるユニークな店舗を展開する。「これがいい」ではなく「これでいい」という理想を掲げた、ムダをそぎ落としたシンプルな機能やデザインが特徴となっている。

「『あれだけ赤や黄色など派手な物好きな中国で、無印のようなシンプルな物が売れるのか』とよく聞かれるが、いろいろな物を持ち見る目が養われればシンプルさにたどり着く。中国でも無印の価値が受け入れられている」(松崎社長)。中でも枕や水筒、空気清浄機などが売れ筋商品となっている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
伸びる会社 沈む会社
ツイッターによる情報拡散には限界も
監査等委員会設置会社が相次ぐ
外国人持ち株比率ランキング50
四季報特別調査(3)
四季報特別調査(2)
四季報特別調査(1)
世界最大級の“投資家"が見たガバナンス改革
国内外のファンドに聞く
動き始めた日本企業
ガバナンス改革の功罪
注目のあの企業・業界(4)
インバウンドのこれからは?
補正予算で潤うか
内需企業中心で成長、好財務企業が狙い目
外需で伸びしろ十分
海外景気減速に負けない成長企業
『会社四季報』最新予想を先取り!(7)
『会社四季報』最新予想を先取り!(6)
注目のあの企業・業界(3)
『会社四季報』最新予想を先取り!(5)
米中売上高比率の高い会社ランキング
業績取材でわかった 波乱含みの会社はここだ
『会社四季報』記者座談会
円高をどうはね返す
注目のあの企業・業界(1)(2)
『会社四季報』最新予想を先取り!(4)
『会社四季報』最新予想を先取り!(3)
『会社四季報』最新予想を先取り!(2)
『会社四季報』最新予想を先取り!(1)
逆風下で伸びる会社
新年度の企業業績を全展望
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内