有料会員限定

新興市場の星 そーせい、CYBERDYNE 注目のあの企業・業界(1)(2)

印刷
A
A

個人マネーが新興市場に集まっている。 注目企業の真の実力を徹底検証する。

ヘプタレスのラボ。普通の研究室に見えるが…

特集「伸びる会社 沈む会社」の他の記事を読む

3444億円。新興市場に上場するバイオベンチャーで断トツの時価総額(5月27日時点)を誇るのがそーせいグループだ。「多いときは同社だけで東証マザーズの売買代金の4割を占める」(いちよし証券の宇田川克己・投資情報部銘柄情報課課長)。ここまで脚光を浴びるきっかけは2015年2月、英国の創薬ベンチャー、ヘプタレスを480億円で買収したことだ。

当時そーせいの時価総額は525億円。にもかかわらず、買収額のうち200億円はみずほ銀行からの融資を受け、残りは創薬の成功報酬で支払うという離れ業をやってのけた。銀行が担保力のないベンチャー企業に巨額の融資をすることは珍しい。この大投資の決め手は、ヘプタレスの持つ基盤技術だ。GPCR(Gタンパク質共役受容体)という耳慣れない物質を安定的に創出できる、世界的にも希有な技術を持っている。

GPCRは創薬の対象となる物質の宝庫。既存医薬の4割がこのGPCRを対象にしているといわれる。そーせいも「どれか一つの物質で共同研究ができれば」(田村眞一社長)という気持ちでアプローチしていた。ところが一転、100%子会社化に踏み切る。たいへんな冒険だが、今となっては英断というほかない。事実、ここ1年半足らずの間にヘプタレスはアストラゼネカ、リジェネロン、ファイザー、ノバルティス、テバと世界的な大手製薬会社と次々に共同研究契約を結び、成功報酬の一部を得たものもある。アラガンにはアルツハイマー病新薬の候補物質を導出している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
伸びる会社 沈む会社
ツイッターによる情報拡散には限界も
監査等委員会設置会社が相次ぐ
外国人持ち株比率ランキング50
四季報特別調査(3)
四季報特別調査(2)
四季報特別調査(1)
世界最大級の“投資家"が見たガバナンス改革
国内外のファンドに聞く
動き始めた日本企業
ガバナンス改革の功罪
注目のあの企業・業界(4)
インバウンドのこれからは?
補正予算で潤うか
内需企業中心で成長、好財務企業が狙い目
外需で伸びしろ十分
海外景気減速に負けない成長企業
『会社四季報』最新予想を先取り!(7)
『会社四季報』最新予想を先取り!(6)
注目のあの企業・業界(3)
『会社四季報』最新予想を先取り!(5)
米中売上高比率の高い会社ランキング
業績取材でわかった 波乱含みの会社はここだ
『会社四季報』記者座談会
円高をどうはね返す
注目のあの企業・業界(1)(2)
『会社四季報』最新予想を先取り!(4)
『会社四季報』最新予想を先取り!(3)
『会社四季報』最新予想を先取り!(2)
『会社四季報』最新予想を先取り!(1)
逆風下で伸びる会社
新年度の企業業績を全展望
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内