有料会員限定

祖業ヨーカ堂はどこに行く 止まらない長期低迷

印刷
A
A

特集「セブン再出発」の他の記事を読む

鈴木敏文セブン&アイ・ホールディングス(HD)会長の退任会見から日が浅い4月中旬の土曜日。JR上尾駅から車で10分ほどの「イトーヨーカドーアリオ上尾店」(埼玉県上尾市)に、伊藤雅俊名誉会長が姿を現した。車いすを押すのは、二男の伊藤順朗HD取締役だ。

食品売り場を見て回った伊藤名誉会長はパート社員ら一人ひとりと握手。「よくやっているなあ」と労をねぎらった。その姿勢にモチベーションを高めた店員は少なくない。

伊藤名誉会長が称賛するアリオ上尾店は、イトーヨーカ堂が2014年1月に始めた「独立運営店舗」の1号店だ。

本部が中心となった画一的な品ぞろえや運営ではなく、各店舗に権限を与えることで、地域の習慣や嗜好を踏まえた品ぞろえを進めている。チェーンストアの限界を感じていた鈴木会長が「好きにやっていい。売り上げを半分にしても構わない」とまで言って始まった。

同店の食品売り場ですぐに目に入るのは、オープンケース1台を埋め尽くすうどんだ。独立運営となりお客やパート社員の要望に耳を傾けた結果、同店はうどんの種類を増やすことにした。現場から提案しメーカーと共同開発したうどんのたれ「埼玉の味 冷汁うどんの素」は、今年4月末から全国展開も始まった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内