有料会員限定

伊藤忠 vs. 三井物産 白熱するセブン争奪 鈴木会長の「物産外し」は本当か

印刷
A
A

特集「セブン再出発」の他の記事を読む

「僕なんかと比較したらおこがましいんですけど、鈴木さんを見ているとね、あれだけの人が最後は気の毒やなあと」

5月上旬、青山の東京本社で開かれた伊藤忠商事の決算説明会。社長交代の時期を問われた岡藤正広社長は、セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長に自身を重ねた。

セブン‐イレブン・ジャパン(セブン)を支える取引先として業界内で真っ先に名前が挙がるのは、伊藤忠と三井物産の総合商社2社だ。

三井物産は2001年にイトーヨーカ堂グループと包括提携。現在はセブン&アイHDに2%弱を出資し物流管理などの後方支援を手掛ける。対する伊藤忠は子会社の食品卸・伊藤忠食品を通じて主力商品を供給。最大手コンビニとのビジネスを何とか拡大しようと、両社は長年熾烈に競争してきた。

セブン‐イレブンの伊藤忠との関係は1973年の創業当初にさかのぼる。当時、イトーヨーカ堂取締役だった鈴木氏がセブン‐イレブンの本家である米サウスランド社とライセンス契約を締結するに当たり、パイプ役を担ったのが伊藤忠だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内