有料会員限定

ついに日本上陸! 驚異の 1時間配送 全国展開もすでに視野

印刷
A
A
世田谷区尾山台駅近くにある小型の物流センター。千葉県市川市の物流センターと比べ、延べ床面積は60分の1だ(撮影:尾形文繁)

特集「アマゾン」の他の記事を読む

アマゾンが日本で当日配送を始めたのは2009年10月。日本中のどこにいてもすぐに商品が届くという便利さで、ユーザーを増やしていった。当日配送こそ、アマゾンがユーザーを経済圏に引き寄せる強力な“磁力”となっている。

そして15年11月、究極の配送スピードを実現する新サービスが産声を上げた。年会費3900円のプライム会員を対象に、最短1時間で商品を届ける「プライム・ナウ」が世界で4番目に始まったのだ。

まずは東京都世田谷区等々力に、ナウ専用の小型物流センターを開設。ここを起点に近隣地域へ商品を届け始めた。全体の品ぞろえは1・7万~1・9万点で、1回当たり2500円以上の注文で利用できる。アマゾン ジャパンとして初めて卵、牛乳、ヨーグルト、バターなどの生鮮食品を取り扱っている。スマートフォンで専用アプリをダウンロードすれば、すぐに利用できる。

配送所要時間が1時間以内の「1時間便」と2時間単位の「2時間便」から選べる。1時間便は1回当たり890円の配送料金が発生するが、2時間便は無料。配送や注文の対象時刻は便によってそれぞれ異なる(詳細は図1)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アマゾン
現地ルポ労働・法律問題にまで発展
アマゾン日本法人トップが語る
仏教界は猛反発
事実上の退職勧奨が横行
本の未来はどうなる
eコマース業界で進む優勝劣敗
本命は直販型のこの3社
小売りを抜く日も近い?
誰にでもわかる初心者ガイド
アマゾン創業者兼CEO
アマゾンも参戦濃厚
米国最新事情 物流編 一般市民まで活用
玉木一郎 アマゾン ジャパン・バイスプレジデント
米国最新事情 端末編 買い物体験が劇的に変化
米社のプライム担当幹部が語る
全国展開もすでに視野
お急ぎ便から聴き放題・見放題サービスまで
12兆円の買い物帝国
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内