有料会員限定

欧州に広がる アマゾン「恐怖症」 現地ルポ労働・法律問題にまで発展

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
ロンドンの時計台「ビッグベン」の前を走るアマゾンの配送車。欧州国民は何を思うのか

特集「アマゾン」の他の記事を読む

クリスマスまで残り1カ月を切った、2015年11月末。各店の看板やショーウインドーに太文字で仰々しく記された「セール」のうたい文句とは裏腹に、英国ロンドン中心部のショッピング街に並ぶ各店の人出はまばらだった。

ここ数年、祝日となる感謝祭の翌日を「ブラックフライデー」と題し大規模なセールを行う米国の習慣が、英国にも浸透している。14年には、ロンドンにある大手デパートの店内で商品を奪い合う買い物客の姿がテレビのニュース番組で何度も映し出されていたほどだ。

しかし昨年は、同じような光景を自らの手で撮影しようとカメラを手にして出掛けたものの、大型デパートの店内はいつもと大して変わらず肩透かしを食った。

激戦続く英スーパーに「フレッシュ」が追い討ち

人出のまばらな街中の各店とは対照的に、ネット通販の巨人・アマゾンはこの日だけで商品740万点以上を売りさばき、英国法人は過去最高記録を達成した。

アマゾンの成長を支えるのは会員制の「アマゾン・プライム」だ。英国では07年から始まり、年会費79ポンド(約1万3000円)を支払った会員は追加費用なしで当日・翌日に商品を受け取れる。映画や音楽の視聴サービスも使い放題となる。現在世界8カ国で展開されているプライム会員向けサービスは着実に会員数を伸ばしており、同時にリアルの店舗から顧客を奪いつつある。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アマゾン
現地ルポ労働・法律問題にまで発展
アマゾン日本法人トップが語る
仏教界は猛反発
事実上の退職勧奨が横行
本の未来はどうなる
eコマース業界で進む優勝劣敗
本命は直販型のこの3社
小売りを抜く日も近い?
誰にでもわかる初心者ガイド
アマゾン創業者兼CEO
アマゾンも参戦濃厚
米国最新事情 物流編 一般市民まで活用
玉木一郎 アマゾン ジャパン・バイスプレジデント
米国最新事情 端末編 買い物体験が劇的に変化
米社のプライム担当幹部が語る
全国展開もすでに視野
お急ぎ便から聴き放題・見放題サービスまで
12兆円の買い物帝国
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内