有料会員限定

日常を支配する注文革命 米国最新事情 端末編 買い物体験が劇的に変化

印刷
A
A
アマゾンは米国では日本にないユニークな端末を次々に投入している(写真は日本の端末群)

特集「アマゾン」の他の記事を読む

アマゾンは世界最大のネット通販会社であると同時に、メーカーとしての側面がある。まず頭に思い浮かぶのが、2007年に発売された電子書籍端末の「キンドル」や、11年に発売されたタブレットの「キンドル・ファイア」だろう。ネットを通して本や映像などのコンテンツを消費することを目的に、独自に開発した端末を提供してきた。

しかし現在アマゾンは米国市場で、別の方向性で端末を展開している。小売りビジネスの拡大を目的に、注文に特化したユニークな端末を次々と発表しているのだ。

バーコードと音声認識で買い物リストを自動作成

Amazon Dash  14年4月開始

ワンクリックは 進化を続ける

14年4月、アマゾンは「Amazon Dash(アマゾン・ダッシュ)」(以下、ダッシュ)を発売した。長さ15センチメートル程度の棒型デザインで、Wi-Fiとマイク、カメラが内蔵されている。外見はデジタル端末というより、どちらかというとキッチン用品に似ている。それもそのはずで、ダッシュは食料品や日用品を注文するために使われる。年会費99ドル(米国市場の場合)の会員制サービス「アマゾン・プライム」に加入すると利用できる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アマゾン
現地ルポ労働・法律問題にまで発展
アマゾン日本法人トップが語る
仏教界は猛反発
事実上の退職勧奨が横行
本の未来はどうなる
eコマース業界で進む優勝劣敗
本命は直販型のこの3社
小売りを抜く日も近い?
誰にでもわかる初心者ガイド
アマゾン創業者兼CEO
アマゾンも参戦濃厚
米国最新事情 物流編 一般市民まで活用
玉木一郎 アマゾン ジャパン・バイスプレジデント
米国最新事情 端末編 買い物体験が劇的に変化
米社のプライム担当幹部が語る
全国展開もすでに視野
お急ぎ便から聴き放題・見放題サービスまで
12兆円の買い物帝国
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内