有料会員限定

その間に中国が力強める 欧州はかつてなく弱体化

印刷
A
A

[SPECIAL INTERVIEW]イアン・ブレマー 国際政治学者 ユーラシア・グループ代表

世界を見回すと、テロがはびこり、戦争はやまず、難民は増えるばかり。つねにリスクにさらされている。われわれはどう向き合えばよいのか。世界のリスク分析の大家、米ユーラシア・グループのイアン・ブレマー代表が解説する。

Ian Bremmer●1969年生まれ。94年米スタンフォード大学で政治学博士号を取得後、同大学フーバー研究所で史上最年少研究員に。98年にリスク調査会社、ユーラシア・グループを設立。

特集「世界経済」の他の記事を読む

──今の日本を取り巻く地政学リスクはどのようなものですか。

地政学的な環境は、かつてないほどボラティリティが高い。5年ほど前から私は、世界は「Gゼロ」になると書いてきた。G7の主要先進国が指導力を失った状態のことだ。中東で広がるテロや欧州の脆弱化、米国の外交政策への不安などは、もちろん日本にとっても懸案になる。

だがアジアでは、2016年にかけて比較的良好な状況が続く。インドのナレンドラ・モディ、日本の安倍晋三、そして中国の習近平など、各国に強力なリーダーがいるからだ。政治力を背景に、みな長期的な経済改革を断行しようとしている。

日本の視点でいえば、中国の経済力の変化が気掛かりだ。中国人たちは国外で莫大なカネを使い、影響力を増している。南シナ海の争いはより長期的な問題であり、短期的には中国経済の影響を考えるべきだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内