有料会員限定

独走トヨタが抱く危機感 自動車

印刷
A
A

グローバルの自動車販売台数首位を争ってきたトヨタ自動車と独フォルクスワーゲン(VW)。2015年に両社の明暗が分かれた。

VWは9月18日を境に危機的な状況に陥った。08年以降に米国で販売したディーゼル車約48万台が、違法なソフトウエアで排ガス規制を免れていたことが発覚。不正は傘下ブランドを含め全世界で1100万台に及ぶ。

不祥事後に登板したマティアス・ミュラー社長はVWを復活に導けるか(ロイター/アフロ)

特集「ビジネス」の他の記事を読む

ほかにも、ガソリン車で不正が浮上するなど、事態が収束する気配は見えない。世界各国でのリコール費用や制裁金は数兆円に達するとみられており、投資計画の抑制や新車投入スケジュールの見直しを余儀なくされている。もはやトヨタ追撃どころではない。

3期連続で最高益更新 AIに10億ドルを投資

一方のトヨタは、日本や東南アジアの市場低迷が響き、15年度の販売台数は1000万台と前期比1%強の減少となる見通し。ただ、業績は絶好調。同年度は3期連続で最高益を更新し、円安の定着もあり、2年連続で純利益2兆円を突破する見込みだ。

だが、「今の業績はよいが、将来を見据えると危機感がいっぱいだ」とトヨタ幹部は真情を吐露する。こうした危機感を抱くのには二つの理由がある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ビジネス
百貨店
海運
化学
電力・ガス
医薬品
飲料
外食
コンビニ
スーパー
ネットと大企業の連携が
証券
銀行
保険
空運
航空機
鉄道
ゼネコン
陸運
鉄鋼
建設機械
工作機械
石油
総合商社
マンション
不動産
ネット広告
ゲーム
デフレマインド払拭へ
通信
放送
電子部品
半導体
電機
重電
自動車
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内