有料会員限定

マグロ漁船 過酷な漁を「遊び」にする! 超ストレス職場に学ぶ2

印刷
A
A

私はマグロ漁船に乗せられたことがある。借金のかたとして身を売られたのではない。民間企業の研究所で生魚の鮮度保持剤を開発していた当時、上司の指示で乗らざるをえなくなったのだ。

乗ったのは全長20メートルの近海はえ縄漁船。このクラスの約500隻の中でも毎年トップ級の漁獲量を誇る、通称「日本一の船」だった。船長と船員9人が40~50日にわたって漁をする。一度出港すると地上に戻るのは1カ月以上先。その間は病院もコンビニエンスストアもなければ、携帯電話さえ使えない。

仕事開始は午前6時。まず6時間かけ、東京駅から富士山までの距離に相当する長い縄を海に流す。その後3時間待って、午後3時から縄を船に引き揚げる「揚げ縄」をする。掛かったマグロの処理をしたり、絡んだ縄をほどいたりしながらのこの大変な作業は、翌午前3時まで続く。待ち時間に仮眠を取るとはいえ、毎日の労働時間は18時間。うわさにたがわず過酷だ。また寝るのは狭い相部屋。プライバシーは皆無である。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内