有料会員限定

がん細胞に確実に届け 分子標的薬が深化 日本発の免疫薬に世界が注目 がん治療が変わる

印刷
A
A

2000年ごろから本格的に上市された分子標的薬。がん細胞などの表面にあるタンパク質や遺伝子(標的)を効率よく攻撃する。がん細胞を活性化させる酵素に分子標的薬をうまく結合させ、がん細胞の働きを抑制する仕組みだ(図表1)。

[図表1]
拡大する

特集「クスリ最前線」の他の記事を読む

既存のがん治療薬はがん細胞以外の健康な細胞にも影響を与え、副作用も重いものがあった。だが、がん細胞が増殖・転移する物質を探し、それを効率的にたたけば、がん細胞も死滅・抑制できるのではないかと考え作られたのが分子標的薬だ。

すでに「ゲフィチニブ」(製品名イレッサ、肺がん)や「ベバシズマブ」(製品名アバスチン、大腸がんなど)といった分子標的薬が投与され、効果が得られている(図表2)。さらに創薬技術の進展で、新世代とも呼ばれる分子標的薬が認可・発売され、患者への投与が本格化している。

[図表2]
拡大する

その代表例が、14年4月に発売、乳がん患者に投与されている中外製薬の「トラスツズマブ エムタンシン」(T-DM1、製品名カドサイラ)だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内