有料会員限定

まだまだある注目新薬 あの病気の治療法が激変

印刷
A
A

注目すべきはがんだけではない。多種多様な領域で新薬が続々と登場している。

今回はC型肝炎、アルツハイマー型認知症、糖尿病、逆流性食道炎、不眠症における新薬開発を取り上げた。新薬の効果や副作用、価格などをめぐり、さまざまな議論が起きている。治療や予防を考える際の参考にしてほしい。

C型肝炎

546万円の特効薬が登場

1日1錠6万1799円、12週間の治療でかかる薬剤費は併用薬を含めて約546万円──。5月に国内で発売されたC型肝炎薬「ソホスブビル(製品名ソバルディ)」は、まずその高い価格が話題となった。だが治療効果も非常に高く、特効薬として期待されている。

C型肝炎ウイルス(HCV)に感染すると、自覚症状のないまま、約20年かけて3~4割の人が慢性肝炎から肝硬変に移行。その多くが肝細胞がんを発症する。肝細胞がんを主体とする肝臓がんは死亡率が高く、国内で年間約3万人が命を落とす。

HCV感染者は国内に100万~150万人いるとされるが、4割ほどが検査を受けておらず未治療。主な感染経路は、HCVを含む1989年以前の輸血や、40年以前の寄生虫駆除薬、戦前・戦後の覚醒(かくせい)剤を打つ注射器の使い回しだ。89年以降は輸血用血液の検査が導入され、現在では新規患者はほとんどいない。国内感染者の多くが高齢者だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内