有料会員限定

ここまでやります グーグルの東北支援

印刷
A
A

震災遺構の撮影・公開や、専門スキルを持つボランティアと連携しての復興支援プロジェクト……。進化する活動の中身とは。

グーグルは女川町の復興に深くかかわっている(左から、女川町の水産加工会社「高政」の高橋正樹取締役、グーグルの松岡朝美氏、アスヘノキボウの小松洋介氏、グーグル広報部マネージャーの富永紗くら氏)

特集「Google グーグル」の他の記事を読む

検索サービスで圧倒的優位を誇るがゆえに、時に周囲との対立も招くグーグル。だが、東北の復興支援では協調を前面に押し出した試みが評価されている。

東日本大震災直後にスタートさせた安否確認サービス「パーソンファインダー」、ストリートビュー技術を用いて被災状況を撮影・記録する「デジタルアーカイブプロジェクト」。そして若者たちがIT技術を学ぶ「東北TECH道場」での専門家による支援、ビジネスと地域社会復興のためのプロジェクト「イノベーション東北」の立ち上げ……。グーグルは震災発生からの4年間に、東北の被災地支援を目的とした新たなプロジェクトを次々と生み出し、進化させている。

宮城県石巻市内で開催された東北TECH道場(写真提供:一般社団法人イトナブ石巻)

5月22日午後7時。東京・六本木ヒルズのグーグルの会議室と東京都内や東北の各地を結んで、同社の「ハングアウト」を用いたビデオ通話による会議が開催された。参加者は、同社で防災・復興プロジェクトプログラムマネージャーを務める松岡朝美氏やイノベーション東北の事務局メンバー、それにプロジェクトの「コーディネーター」、異業種の企業に勤務する「サポーター」の人たちだ。プロジェクトを支えている彼らは、宮城県内の仕事場などからビデオ会議に参加した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内