有料会員限定

熱狂の過ちには後からでないと気づかない バブルは繰り返す

印刷
A
A

日経平均株価は十五年来の高値をつけている。株価が大きく上がると、「今度こそ本物だ」「日本はいよいよ変わった」といわれることが多い。しかし、過去のバブルのピークでも同じようなことがいわれた。はたして、株価はこのまま上がり続けるのだろうか。

その答えは誰にもわからないが、「賢者は歴史に学ぶ」「歴史の教訓」「歴史が証明する」といわれるだけに、株価の歴史からいくつかの教訓を学ぶことができる。

バブルとは、証券や不動産などの相場が過度に上昇し、実体価値に比べて割高な状態が持続する現象を指す。バブルが長期化すると景気が過熱し、それが資産価格を押し上げ、さらにバブルを加速する。だがやがてバブルは崩壊し、資産価格の急落が、金融システムの混乱や逆資産効果を通じて経済全体に大きな悪影響を及ぼす。

歴史的に世界は多くのバブルとバブル崩壊、そしてそれに起因する危機を繰り返してきた。これらのバブル崩壊は、その後の経済、政治、社会などに大きな影響を与えた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内