有料会員限定

世界を覆い尽くした金融資本主義の強欲 グローバリズムの誕生

印刷
A
A
コロンブスが新時代の扉を開けた。写真は彼の帆船「サンタ・マリア号」のレプリカ(Getty Images)

特集「世界史&宗教」の他の記事を読む

コロンブスの西インド諸島到達(1492年)やバスコ・ダ・ガマの喜望峰経由のインド到達(1498年)によって、グローバル資本主義は産声を上げた。欧州資本主義のダイナミズムが世界中に伝播し、中世を終焉させる近代の扉が開いた瞬間だった。

イベリア半島勢こそがグローバル化の立役者

ジャック・アタリの俯瞰によれば、それ以前、世界人口3億のうち半数以上がアジアに、4分の1が米大陸におり、欧州にはわずか5分の1しか居住していなかった。世界の権力地図は、中国が頂点で、アステカやインカ帝国も栄え、そして世界商業を掌握するのはヴェネツィアだった。しかしこの期を境に、「欧州の世界支配」が到来した。

インドという名称は、世界各地に多様に残る(西インド諸島やインディオ、インドネシアまで)。欧州からすれば、インドは「最大の謎」だった。コロンブスはマルコ・ポーロの書物などに刺激を受け地球球体説に従って西回り航路でインドを目指した。イスラム教のグラナダ王国を滅ぼした女王イサベルから資金提供を受けたコロンブスが目指した、アジアの豊穣な富とは、コショウをはじめとする香辛料、絹、漆器、茶、金、銀などで、とりわけコショウは欧州を中世の眠りから目覚めさせたといわれる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内