グローバリゼーションの脅威に目を向けよ 今のシステムは「国境を越える厄難」に無力

✎ 1〜 ✎ 67 ✎ 68 ✎ 69 ✎ 最新
拡大
縮小

グローバル世界が抱えるリスクの特徴として、時間の経過とともに事の深刻さが増す場合が多い。そのため、隔絶した事象がグローバルな脅威に変身するかどうかは、リスクを特定する早さ、ならびにその対応の有効性が左右する。イスラム国の誕生、エボラ出血熱の発生、気候変動に対抗する努力、あるいは2008年の財政問題の伝染を見れば、長期に及ぶ危険の見過ごしや、協調的対応の欠落や不始末がもたらす結果は明らかである。

それでもなお、堅牢な地域・国際機関に対する支援は徐々に衰退している。欧州、北米、および中東の多くの市民は、失業、格差の拡大、疫病、そしてテロリズムをグローバリゼーションのせいにしている。国家間のさらなる統合や開放、イノベーションをチャンスではなく脅威と見なしている。

有権者の懸念

こうして悪循環が生まれる。有権者の懸念は、さらなる保護主義、移民削減、そして市場へのより一層の国家管理を提唱する政党の支持増加に反映されている。

その結果、欧州、北米、アジア、そしてオセアニアの政府は偏狭な問題意識を強めており、グローバリゼーションの課題に適切に対応するうえで必要となる、地域・国際機関の資金調達、信頼性、そしてリーダーシップ能力の欠乏をもたらしてしまっている。

国家はそれぞれのグローバルな責任を短期的には避けることができるかもしれないが、国境を越えた事象が引き起こす脅威を永遠に食い止めるのは不可能である。もしも、グローバル世界特有の危険に対応しないのであれば、脅威は今後も増殖し続けるであろう。イスラム国、エボラ、金融危機、気候変動、または格差の拡大といった危険と向き合うには、短絡的な政治的ご都合主義を克服しなくてはならない。さもなければ、全世界が後悔する日が訪れるであろう。

週刊東洋経済2014年12月13日号

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT