有料会員限定

小動物志向増える獣医師、実習の充実が課題に 飼い主の動物病院選びは、ますますシビアに

印刷
A
A
日本獣医生命科学大学の実習風景。教授や看護師、研修医や学生が一堂に会する光景は圧巻。1年生から実習に参加することはモチベーション維持にもつながるという

特集「ペットビジネス」の他の記事を読む

家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫が4月下旬に宮崎県内で発生、被害が拡大し、ブランド和牛である宮崎牛の種牛の保護も大問題となっている。畜産農家の消毒や牛の殺処分などの対応に追われているのは、全国から派遣された獣医師たちだ。

実は近年、こうした牛や豚など産業動物の治療に携わる獣医師の不足が問題となっている。畜産・酪農が盛んな自治体では獣医師職員を確保するため、大学を回って説明会を開いたり、採用年齢の条件を緩和したりと必死だ。

代わって増加しているのが犬や猫、小鳥などの小動物、つまりペットの診療に携わる獣医師だ。獣医師の世界では今、大きな構造変化が進んでいる。

それを象徴する出来事がある。

1881年に東京・小石川に日本初の私立獣医学校として誕生した獣医学界の名門「日本獣医畜産大学」が2006年に校名変更し、日本獣医生命科学大学となった。伝統ある「畜産」の看板を下ろしたのである。

校名変更に先立ち、01年に畜産学科を動物科学科に、03年に獣医畜産学部を獣医学部と応用生命科学部に改組するなど段階的に「畜産」の文字を除いていった。「略称の『日獣』が浸透しているので『日本獣医』を変えるわけにはいかないが、もはや『畜』の文字を使う時代ではない」と、同大学付属動物医療センター院長を務める多川政弘教授は語る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ペットビジネス
ペットタレントから“プロ"の動物アクターまで
現実の動物も凌駕?拡大する電子ペット市場
年商30億円を叩き出す“お化けペット雑誌"
アウトドアにダンス、ヨガから婚活の同伴まで
ペット共生住宅で目立つソフト面整備の遅れ
「うちの子を見て」とネットに撮影作品を公開
いつも一緒「家族化」
法施行から7年経過だがいまだに拒否の店舗も
作家・渡辺眞子が殺処分問題に直言!
「なくならない迷子札」は不法遺棄を防止するか
地域連携で犬猫の安楽死が1ケタに激減
殺処分年間28万頭の現実をいかに変えていくか
安直なペット飼育放棄が招く地球規模の危機
寝たきり、夜鳴き、徘徊…ペットの高齢化対策は
国民生活センターに苦情・相談も増えている
飼い主の動物病院選びは、ますますシビアに
細かく保険料を設定、窓口精算で利便性向上
飼い主と末永く寄り添う「長寿化」 が進行
飼い主のニーズ多様化で新サービスが続々登場
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内