有料会員限定

求められる飼い主の責任 販売業者への規制も 殺処分年間28万頭の現実をいかに変えていくか

印刷
A
A

飼い主、そして命を扱う業者が守るべき社会的、法的なルールとは何か。

殺処分年間28万頭の現実をいかに変えていくか

求められる飼い主の責任 販売業者への規制強化も

朝方までの雨がすっかり上がり、きれいに晴れ渡った土曜日。東京・渋谷の国連大学本部ビル前に「Saving Lives」の黄色い旗が翻った。アニマルレフュージ関西(アーク、大阪府能勢町)の東京オフィス、東京アークの「里親会」だ。この日は4頭の犬が参加、未来の飼い主との“お見合い”に臨んだ。飼い主に遺棄された、あるいはもともと飼い主のいない犬や猫を動物愛護団体や個人ボランティアが保護し、新しい飼い主を見つけるために開催するのが里親会。譲渡会とも呼ばれる。

東京アークの里親会(上)と本部のスタッフミーティング風景(下)。右から3人目が設立者のオリバー氏、4人目が東京代表のシンプソン氏

特集「ペットビジネス」の他の記事を読む

アークは英語教師の傍ら動物保護運動に取り組んできたエリザベス・オリバー氏が、1990年に設立した動物愛護団体。95年の阪神淡路大震災で被災した動物600匹を保護したことを契機に、動物やスタッフが急増。99年には特定非営利活動法人(NPO)として認定された。

東京アーク代表のブライア・シンプソン氏はニュージーランド生まれ。アークには2006年から参画している。「日本での学生時代、キャンパスに病気の猫がいた。大学職員に連絡すると『飼い猫ではないから保護できない』と言われた。目の前に苦しんでいる動物がいるのに、なぜ無関心なのだろうと疑問に思った」という“原体験”を話してくれた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ペットビジネス
ペットタレントから“プロ"の動物アクターまで
現実の動物も凌駕?拡大する電子ペット市場
年商30億円を叩き出す“お化けペット雑誌"
アウトドアにダンス、ヨガから婚活の同伴まで
ペット共生住宅で目立つソフト面整備の遅れ
「うちの子を見て」とネットに撮影作品を公開
いつも一緒「家族化」
法施行から7年経過だがいまだに拒否の店舗も
作家・渡辺眞子が殺処分問題に直言!
「なくならない迷子札」は不法遺棄を防止するか
地域連携で犬猫の安楽死が1ケタに激減
殺処分年間28万頭の現実をいかに変えていくか
安直なペット飼育放棄が招く地球規模の危機
寝たきり、夜鳴き、徘徊…ペットの高齢化対策は
国民生活センターに苦情・相談も増えている
飼い主の動物病院選びは、ますますシビアに
細かく保険料を設定、窓口精算で利便性向上
飼い主と末永く寄り添う「長寿化」 が進行
飼い主のニーズ多様化で新サービスが続々登場
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内