有料会員限定

飼い主が直面する介護、 幼少期のしつけも重要 寝たきり、夜鳴き、徘徊…ペットの高齢化対策は

印刷
A
A
飼い主が高齢となり、レッツを利用する大型老犬。リハビリにより、介助があれば立てるようになった

特集「ペットビジネス」の他の記事を読む

食事、排泄、シャンプー、爪切り、リハビリ、かかりつけ医との連携――これらは、デイケアと訪問介護を展開するレッツ(東京都江戸川区)のサービス例だ。ただし、介護を受けるのは人間ではない。犬だ。

「目指すは人間と同等の介護」と話す三浦裕子社長だが、開業した2002年当時は一般的なペットシッターサービスを行っていた。5年ほど前から介護の必要な老犬の依頼が相次ぎ、対応に追われ「老犬チーム」を作るまでになった。ある日、飼い主がふと漏らした。「昼間、預かってもらえるといいのに」。

この一言をきっかけに、07年2月、施設を構えてデイケアを加えた老犬介護サービスを開始した。利用者の多くは、日中に老犬の介護に当たれない会社勤めの人だ。こうしたサービスはまだ少ないせいか、売り上げは08年度に前年比2倍、09年度も1.5倍と伸びている。

人間社会と同様、介護ニーズが高まるほどにペットの高齢化は進んでいる。ペット用品メーカー関係者によると、「ここ20年で犬の寿命はおよそ2倍に延びた」という。ペットフード協会の09年調査でも高齢化は顕著だ。国内で飼育されている猫のうち、高齢猫の割合は37.8%、同様に高齢犬は45.8%と、実に約半数を占めている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ペットビジネス
ペットタレントから“プロ"の動物アクターまで
現実の動物も凌駕?拡大する電子ペット市場
年商30億円を叩き出す“お化けペット雑誌"
アウトドアにダンス、ヨガから婚活の同伴まで
ペット共生住宅で目立つソフト面整備の遅れ
「うちの子を見て」とネットに撮影作品を公開
いつも一緒「家族化」
法施行から7年経過だがいまだに拒否の店舗も
作家・渡辺眞子が殺処分問題に直言!
「なくならない迷子札」は不法遺棄を防止するか
地域連携で犬猫の安楽死が1ケタに激減
殺処分年間28万頭の現実をいかに変えていくか
安直なペット飼育放棄が招く地球規模の危機
寝たきり、夜鳴き、徘徊…ペットの高齢化対策は
国民生活センターに苦情・相談も増えている
飼い主の動物病院選びは、ますますシビアに
細かく保険料を設定、窓口精算で利便性向上
飼い主と末永く寄り添う「長寿化」 が進行
飼い主のニーズ多様化で新サービスが続々登場
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内