日産が満を持して投入、EV「リーフ」の実力


 それでも普及に向けたハードルは高い。リーフは1回の充電で200キロメートルの走行が可能だが(JC20モード)、走行中“電欠”する心配は残る。また「さらなる低価格化には、バッテリーの進化が不可欠」(関係者)だ。現状の技術では、補助金や量産効果を考慮しても、“高価なセカンドカー”で終わる可能性もある。

門田氏は「1日の利用距離が80キロメートル以下のような一般ユーザーなら、EVは十分に使える」と反論する。今回日産は、携帯電話などを通じてバッテリーの管理・充電やエアコンの遠隔操作ができるシステムも構築。EV特有の加速性能を含め、クルマの新しい価値の提案を試みる。

「先行者利益を保てるのは、2~3年。その間にお客様の利用シーンを見極め、さらに先を行く」(門田氏)。ハイブリッド車でトヨタの独走を許した日産にとって、EVは数少ない巻き返しのチャンスだ。

◆日産自動車の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(並木厚憲 =週刊東洋経済2010年12月11日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT