ビジネスチャンスを狙って起業してほしくない--牧野正幸・ワークスアプリケーションズCEO(第5回/最終回)


--あとどれくらい経営に携わるおつもりですか。

日本はまだまだ情報投資にコストをかけすぎています。われわれの事業そのものがなくなったらIT業界はよくなりませんし、日本の大企業が困りますからあと10年は絶対にやりますよ。少なくとも世界3位には必ず入ります。

ERPは業務に対する網羅性と利便性を上げていかなければならないので、どれだけ優秀な人間がどれだけ時間をかけて製品を作れるかが勝負になります。要は、研究開発費の高いところが勝つんです。

われわれが人事ソフトでトップに立ち、ここ1~2年で会計ソフトもトップになるだろうというところまで来たのも、日本でいちばんこの分野に研究開発費を投資しているからです。当社は200億円の売り上げのうち70億~80億円を研究開発として投資していますが、他社ではせいぜい1億円か2億円しか使っていないでしょう。

今後目指すのは、アジアのトップです。ヨーロッパや北米の1位は私達が頑張っても揺らぐことはないので進出するつもりはありません。日本およびアジアを中心に売り上げ1000億円超えを実現すればビッグ3になれます。

また、アジアはビジネスの面だけでなく、人材発掘の面でも重要視しています。今は各国のトップ大学出身者しか採用していませんが、最終的に社員の半分は外国人にしたいです。特に優秀なエンジニアはアジアに多い。

公用語が英語になったとしても、エンジニアの英語は通じるので当社は困りません。研究拠点もエンジニアが働きたい国に置けばいいと考えていますし、マネジメントも明確でシンプルな方向性さえ出せば、グローバルで通用すると思っています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT