ポッキーが大胆なイメージ刷新 中高年層を狙うオトナの事情

往年のヒット曲「ライディーン」をバックに中年男性3人が「ポッキー」をパクリ--。発売43年目を迎えた江崎グリコのロングセラー商品が大胆なイメージチェンジを図っている。

9月初旬には40~50代に人気の高いテクノグループ「YMO」を起用したテレビCMを開始。近年は若いタレントをCMに起用し、10代へアピールしてきたが「すでに若年層での認知度は大変高い。グリコのお菓子を卒業してしまった大人世代にもっと食べてほしい」(同社)と、ターゲットを中高年にシフト。事前に行った調査で同世代がビター系よりミルク系チョコレートを好む傾向があるとわかり、9月半ばにミルクの割合が通常より高い「ポッキーミルク」も投入した。

商品の“オトナ化”を図っているのはポッキーだけではない。ネスレ日本も9月、37年ぶりに主力商品の「キットカット」を大幅刷新。従来より甘さを抑え、パッケージも黒で統一した新商品を発売した。やはり狙うのは大人世代だ。

不況下で、比較的少量で単価も高いチョコレート菓子は消費者に敬遠されがち。が、ポッキーのようなロングセラー商品は昔食べていた層の復活需要が見込めるうえ、設備償却が終わっているため採算性も高い。こんなオトナの事情もあり、今後もさまざまな商品でテコ入れが続きそうだ。

◆江崎グリコの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(麻田真衣 =週刊東洋経済2010年11月20日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。