向精神薬の「大量処方」がこんなにもヤバすぎる訳 警告する医師もいるが患者への情報提供は不十分

印刷
A
A
向精神薬は依存性が高く、「麻薬及び向精神薬取締法」で指定される薬も多い(写真:kapinon/PIXTA)
本人の意思を無視した長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け……、日本の精神科病院を取り巻く現状は、世界標準からかけ離れた異常な点ばかりだ。そんな日本の精神医療の抱える現実をレポートした、本連載「精神医療を問う」全15回に大幅加筆した書籍、『ルポ・収容所列島 ニッポンの精神医療を問う』が3月11日に当社から刊行された。
連載内では盛り込めなかった、当事者たちの切実な声から明らかになった日本の精神医療が抱える深い闇の実態を、さらにお伝えしたい。

自死のトリガーになりうる

うつ病薬や睡眠薬など、脳の中枢神経に作用する向精神薬。その副作用や依存に苦しむ人は多い。日本は、1つの薬ではなく複数の薬を併用する傾向が国際的にみて高いことはかねて指摘されてきた。多剤併用は大量処方にもつながりやすく、治療効果よりも副作用が強まる可能性も高い。

向精神薬の副作用について、患者や家族への情報提供は積極的に進められてはいない。こうした情報を患者に積極的に伝えない理由として、「患者が副作用を恐れて薬を飲まなくなるからだ」と多くの医師は口をそろえる。

『ルポ・収容所列島』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

埼玉医科大学病院の臨床中毒センターの上條吉人医師は、次のように話す。

「薬の副作用や重要な使用上の注意などについて、本人や家族に伝えるべきだとは思う。ただ、そもそも薬を出す以前に、医者が向精神薬の処方に慎重になるべきだ」

薬物中毒が専門の上條医師は、臨床中毒センターで多くの自殺を図った患者の救急対応をしてきた。上條医師によると、自殺企図患者のうち50~60%が薬中毒の患者で、そのうち最も多いのは病院で処方される向精神薬だ。

上條医師は、「患者は夜間や早朝などに運ばれてくる。患者が飲んでいた処方薬を主治医に聞きたくても、肝心なときに処方した医師は寝ている」と憤る。

「不安を解消している薬のはずが、自死のトリガーにもなりうる。ベンゾジアゼピン系の薬はお酒と似たような作用があり、酩酊して抑制が利かなくなる。もともと自殺念慮がある人が酩酊状態になると、普段ならば抑制されているものが外れ、自死を引き起こす可能性もある」(上條医師)

次ページ規制にも抜け穴がある
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT