「年収500万40代男性」が20代を射止めた納得理由 婚活3年目で出会った意外な理想の相手

印刷
A
A
40代半ばの男性が3年の婚活を経て出会った女性はこれまでとは違うタイプでした(写真:NORi/PIXTA)

結婚相談所の経営者として婚活現場の第一線に立つ筆者が、急激に変わっている日本の婚活事情について解説する本連載。今回は「婚活歴3年の40代男性」「地味すぎて相手の印象に残らない女性」という婚活市場では不利な2人が、成婚に至った2つのケースを紹介します。

相談所の「ハシゴ」状態だった

婚活は、よほど条件がいい人同士でない限り、すんなり成婚とはいきません。婚活者は七転び八起き。お見合いやデートを繰り返す中でとがったところが削れ、そのまたとがったところが削れ、丸くなったときに成婚となります。中には「もうダメかもしれない……」と諦めたくなることもあるかもしれません。しかし、そこで諦めずに成婚できたケースもあります。

この連載の一覧はこちら

40代半ばの男性、浩一さん(仮名)。年収は500万円。婚活市場ではけっして「有利」とは言えない年齢と年収です。優しさとまじめさが魅力の浩一さん。親御さんとの関係が疎遠なこともあって、「温かい家族を作りたい」という気持ちが強く、熱心に婚活に励んでいましたが、婚活歴は3年以上、弊社が3軒目と婚活が長引いていました。

最初は相手女性の条件として「働いていること」を挙げていました。互いに収入に応じた生活費を出し合うことが理想。しかしある時、お見合い相手から「自分で働いた分は自分のお小遣いにしたい」と言われたそうです。そのうえ、「家事は5分5分がいい」と主張されたとか。ごく一部、そういう価値観を持った女性がいます。「それなら働いていない女性でもいいのではないか」と考えが変わってきました。

そんな彼が新たにお見合いしたのは、20代女性・花梨さん(仮名)。お父さんが有名な会社の役員だそうで、ずっと実家暮らしで「かわいい、かわいい」と育てられてきたお嬢様。

アルバイトをしてもすぐ辞めてしまい、社会経験がほとんどないせいか、少々子どもっぽいところもありました。人見知りのため、電話で知らない人と話すことが苦手。弊社にも最初はお父さんが相談に来ました。「娘は世間知らずで、コミュニケーションも下手ですが大丈夫でしょうか」と。活動中の電話相談も父と娘、二人三脚の婚活です。

次ページ野菜を切るところから教えた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT