3D世界規格を作れ! 本田雅一著

3D世界規格を作れ! 本田雅一著

現在、家電量販店のテレビ売り場には、特殊なメガネを掛けると映像が浮き上がって見える「3Dテレビ」が所狭しと並ぶ。しかし、テレビだけがあっても立体映像を楽しむことはできない。立体映像のコンテンツを記録したブルーレイディスク(BD)が不可欠だ。

3Dコンテンツを記録する方式は、複数が対立することはなく、ひとつの統一規格となっている。3D世界規格を短期間で作り出したのは、今をときめくグーグルでもなければ、アップルでもサムスン電子でもない。ソニー、パナソニックで映像事業に打ち込む日本人技術者チームだった。

彼らは世界の映像産業を支配する米ハリウッドの映画スタジオからの支持を取り付けることで、DVDの後継規格の座を東芝からもぎ取った。圧倒的な力を持つハリウッドからの要望に応じながら、どのように自分たちの夢を実現していったか──。日本の家電メーカーで働く技術者たちの底力と葛藤を描く。

小学館 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。