見えてきた枯渇の時期 v6移行へ円滑な仕組みを

拡大
縮小


 残された方法としては、初期に固定アドレスとして配布されたいわゆる「歴史的アドレス」から使用されていないものを返納してもらう、大量に割り当て残を保有しているISP業者から買い取る、などの方法も検討された。だが、歴史的アドレスについては、すでに長年放置されて回収のメドが立たない。また、業者にとっては保有すること自体が現時点では競争優位になるうえ、実際に枯渇する段階になって高値になれば……という期待も働き、表に出てきにくい。「電力や水道と同じで公共性の高いものだけに、投機対象にされるリスクは避けなければならない」と、こういった動きを牽制する見方もあり、なかなか厄介な問題をはらんでいる。

だが、実は解決法はすでに準備されている。IPv6がそれだ。98年ごろから一部供用が開始されてはいるが、実際にはあまり浸透していない。IPアドレスの枯渇が死活問題となるISPがv6への移行に熱心になるのは当然だが、一般ユーザーにはなかなか危機感が伝わらないのが現状だ。

IPv6は、v4が2の32乗個に対し、2の128乗(340兆×1兆の2乗)個という途方もない数のアドレスを提供でき、現時点ではほぼ無限と考えられている。このため、電話番号と同様にグローバルアドレスを直接、固定アドレスとして割り振ることができ、サーバーを通さずユーザー間の直接通信も可能になる。

パソコンだけではない。この冬にも商用サービスが開始になる次世代携帯通信網LTEは、v6が前提とみられているし、スマートグリッドをはじめとする家電の情報化・ネットワーク化にもv6は欠かせない。単に受電・発電・送電の量を管理するだけではなく、使用電力のコントロールも、各種センサーとのネットワーク化によって可能になる。ネットワーク化するためには、センサー一つひとつにIPアドレスが割り振られるが、v6であれば、枯渇の心配はないわけだ。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT